メガネフレームを購入するときに、自分にはどんなメガネが似合うのか、迷うことはありませんか?そんなときは、自分の顔型に合わせて、選んでみてもいいかもしれません。ここでは、フレームの形や素材についてお伝えしていきます。ぜひ、メガネを選ぶ際の参考にしてみてください。

似合うメガネフレームの形

メガネには様々な形のフレームがあります。どんなフレームが合うのか、自分の顔型をチェックしながら選んでみましょう。ここでは、似合うメガネフレームの形についてお伝えしていきます。3種類の形を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メガネフレームの素材

メガネフレームの素材は様々です。どんな雰囲気にしたいのかで、選ぶのも楽しいかもしれません。ここでは、メガネフレームの素材についてお伝えしていきます。好きな雰囲気のフレームで、長く使えるメガネを選んでみてください。

柔らかく温かい雰囲気にしたいなら!プラスチック素材のフレーム

プラスチック素材のフレームには、2種類の素材が存在しています。セルロイドとアセテートの2種類です。元々は同じ素材から作られていますが、セルロイドは弾力性があり丈夫で変形しにくい仕上がりとなり、見た…

スタイリッシュな雰囲気にしたいなら!メタル素材のフレーム

メガネを選ぶときには、使用されている素材にもこだわった方が、自分に似合うメガネを見つけやすくなります。フレームの素材は特に見た目の印象に大きな影響を与えますが、スタイリッシュなフレームのメガネを探…

あまり知られていないメガネのパーツ名

メガネのパーツを表す用語は意外と知られていないことが多いです。例えば左右のアームの耳に当たる部分には“モダン”という名前がついています。

個性的にしたいなら!その他の素材のフレーム

べっ甲のフレームは日本人と相性がいい

一般的なチタンやセルフレーム以外の素材として挙げられている物に、べっ甲があります。べっ甲カラーのセルフレームは存在していますが、それだけではありません。実在しているべっ甲のフレームです。日本で初めてメガネが作られたとき、べっ甲フレームを使ったと知っていましたか。初めてメガネをかけた徳川家康の為に作られたといわれています。1973年のワシントン条約によって輸出入一切禁止となっている為、現在では非常に高額な素材となりました。個性を追求する為に作りたいと思っている人も多いでしょう。一部のメガネ店ではオーダーメイドでフレームの製作を請け負っており、べっ甲を選ぶことが可能となっています。日本人の顔立ちや肌の色と相性がいいべっ甲のフレームは、人気が高いです。

高級感あふれるゴールドのフレーム

ゴールドのフレームもあることを知っていましたか。現代ではチタンフレームが主流ですが、金属アレルギーの人が使えて修理が可能となっているフレームとして、一時期金は流行していました。今だからこそあえて個性を追求したフレームとして、金を選ぶのもありといえます。ただし、本物のゴールドで作った場合、40万円から60万円までと、1つのメガネフレームに賭けるにしては高級な金額となるため、予算に余裕のある人は手に入れておくと良いでしょう。低価格でゴールドのフレームを使う場合、金メッキという選択肢もあります。金メッキでも構わないという場合、フレームを取り扱っているメガネ店で相談し、手に入れましょう。ただし、アレルギー反応が出る危険性があるため、体質に合う金属を使って金メッキのメガネを作ることが望ましいです。